So-net無料ブログ作成
検索選択

錆び錆びの廃コンテナをつくる [レイアウト制作記]

棚田の脇に仮配置していた、国鉄コンテナの倉庫。
IMGP1102.JPG
錆びだらけに仕上げて、廃コンテナっぽく仕上げましょう(^_^)

IMGP0882.JPG
↑某所で撮影した参考資料。
色褪せた塗装と錆び、屋根の水垢などがポイントでしょうか。
IMGP8273.JPG
設置するのは、KATO チキ5500について来た6000形コンテナ。

製品では5個積みだったのを、ツメを改造して4個積みにした為、このコンテナが10個も余ってしまったのでした。  詳しくはこちらの記事をご覧下さい→4個積みに改造~KATO チキ5500



さて、ボロボロにしていきます。
IMGP8274.JPG
折角のカッチリとしたコンテナですが、廃コンテナらしくないので
棒やすりを使って角を落としたり、傷をつけてそれらしく。


IMGP8275.JPG
彫刻刀で屋根に凹みを作ってみました(傷が深く入ってしまったところはパテで補修・・・)。

IMGP8278.JPG
黒っぽいパステルをすりこんで、水がたまった跡を表現。
乾いた後の汚れのようにしました。


さて、廃コンテナらしさに大切な、「錆び」を表現していきます。

手持ちの資材を眺め、「特製・錆び表現塗料」を開発! (`・ω・´)シャキーン
IMGP8279.JPG
錆び色の、タミヤカラー「レッドブラウン」に、ザラつきが特徴のグレインペイント「赤土」を混ぜます。

浮き出してザラザラな、触るとサクサクと崩れるような錆びを目指します!


コンテナの角や、扉の蝶番に塗ってみました。
IMGP8280.JPG
グレインペイントのザラザラ感、出来上がりが楽しみです。

足周りに錆びを追加し、綿棒でぼかしてみたりして仕上げてから乾かします。


最後に、タミヤ ウェザリングマスター「サビ」で薄い錆びを描き、
「ライトサンド」を全体的にまぶして色褪せたようにして仕上げていきます。
IMGP8287.JPG
予定地に置いて、雰囲気を確認しながら・・・。

流石にこの距離で接写すると、錆びの粒子が大きいですね(^_^;)



・・・完成~
IMGP8285.JPG
思いつきで開発(失笑)した「特製・錆び表現塗料」でしたが、割とリアルな錆びになり満足(^_^)

あと、ウェザリングマスターは本当に便利です。 さすがタミヤ・・・。



実物は極初期のコンテナなので引退が古く、倉庫として生き残っているものも少ないようです。
一度見てみたいものです・・・。
IMGP8289.JPG
あんな坂の上にあったら、思わず駆け上がっていってしまうでしょう(^_^)


IMGP8290.JPG
・・・こんな感じで、棚田の横に錆び錆びの姿で鎮座しました~


ただ置いただけでは寂しいので、このコンテナにはアクセサリーを追加させてあげたいと思います。
今日はここまで・・・。


↓ブログ村に参加中です! ランキング&管理人のモチベーションがUPします。 「ポチッ」として頂くと嬉しいですm(_ _)m
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


タグ:小物制作
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 3

トータン

いや~ リアルですね~ 勉強に成りました(^^V
by トータン (2012-10-23 00:35) 

でぃーえむえいち

トータンさん、コメント&nice!をありがとうございます!

思いつきの「錆び塗料」がホームランでした~
お褒めの言葉をありがとうございます(^_^)
by でぃーえむえいち (2012-10-31 22:08) 

でぃーえむえいち

suzuran6さん、よしくん さん、瓦葺鉄道さん、あおたけさん、
dorakuoyajiさん、schnitzerさん、nice!をありがとうございます!!!
by でぃーえむえいち (2012-10-31 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。